オフィスを構える場所が生産性と社会的信頼性を上げる理由

オフィスはビジネスにおいて欠かせない要素です。
オフィスを構えることで生産性の向上や作業効率の改善へと繋がります。
また、オフィスを構えることで社会的信用性の向上にも大きく影響し、ビジネスの成長に大きく影響します。

さらに立地によってオフィスのパフォーマンスは向上し、事業の成長には欠かせない要素です。
企業にとって信頼性は事業拡大のために不可欠となるため、好印象を与えやすく、一緒に仕事をする上で安心感を与えるオフィスがもたらす効果は非常に大きくなります。
本記事ではオフィスを構える場所を軸に生産性と信頼性を上げる理由について解説します。

オフィスの場所は重要

企業がビジネスをする中で拠点となるオフィスは事業成長において欠かせない存在です。
近年インターネットテクノロジーの発展によって、場所や時間を問わず業務に取り組める環境が整ってきた背景から、多様な働き方を実現する「働き方改革」や、新型コロナウイルスの世界的大流行によって普及したテレワークによって、オフィスの在り方・価値が変化している昨今においても、オフィスそのものの重要性は変わりません。

特にオフィスを構える場所は企業の成長に大きく関与し、顧客との信頼関係の構築や従業員のモチベーション向上などに影響を与えます。
ここではオフィスの場所がもたらす効果について解説します。

業務効率・営業効率が上がる

オフィスはビジネスを進める上で拠点となる場所であり、事業を促進するのに特化したワークスペースです。
企業が会社を運営するために必要な機能が全て備わっており、あらゆる部署・部門がオフィスを経由してビジネスを展開します。

その中で、オフィスを設置する場所は組織全体の業務効率の向上に大きく影響する要素の一つです。
例えば、オフィスを構える場所が従業員の住むエリアより離れた場所に位置し、通勤までに時間がかかる場合、出勤するだけでコストが発生し、通勤時間の増加によるモチベーションの低下が起こり得ます。
また、顧客にとっても訪問にかかるコストが発生し、コミュニケーションを取る時間が限られてしまうことは効率的ではありません。

営業面においても移動するだけでコストが発生してしまうと非効率的であり、営業にかかる無駄なコストがかさんでしまう点がデメリットとなります。

オフィスを構える場所が事業にとって最も都合の良い場所にあり、出勤にかかるコストも少なく、営業効率の高いエリアに構えてあれば組織全体の生産性は大きく向上します。

企業イメージが向上する

企業にとって顧客からのイメージは重要な要素の一つですが、中々上げるのが難しいという悩みを抱えている方も少なくはないでしょう。
特に創業したての頃は知名度が低く、実績も少ないため中々ポジティブなイメージを抱かせるのが難しいのが課題です。

オフィスを構えることで「ちゃんと事業をしている企業」というイメージを抱いてもらいやすくなります。
また、オフィスの立地によっては「しっかりしている企業」というイメージを抱いてもらいやすくなるケースも多くあります。
例えば、都心部の一等地にオフィスを構えていると、しっかりとした企業である印象を与えやすく、相手から信用してもらえるといった事例は数多くあります。

もちろん「場所」だけで全てを判断するわけではありませんが、場所が与えるイメージは相手に残りやすく、信頼してもらいやすくなるため、蔑ろにすることはできません。

採用にも大きく影響する

企業にとって採用は非常に重要で、人材不足はビジネスチャンスを潰してしまうリスクの一つです。
企業が成長するためには人材確保は欠かせない要素のため、多くの企業は採用活動に力を入れています。

オフィスを構える場所は採用にも大きく影響する要素の一つです。
オフィスを都心部に置くことで、都心部を中心に集まる人材を確保することができます。
しかし、都心部では競合の数も多いため、人材確保に必要なコストが大きくなる傾向にあります。
地方にオフィスを構えると地方に住む人材確保がしやすくなり、都心部とは異なる強みを持つ人材を迎え入れやすくなります。
しかし、地方は都心部に比べると人口が少ないため、人材確保が上手くいかないケースも珍しくありません。

また、全ての人材が従来の働き方である「オフィスに必ず出社する働き方」に適しているわけではなく、様々な背景がある中で、その人材にとって適した働き方ができるわけではありません。

都心部や地方にオフィスを構える際は、多様な働き方が実現できるように柔軟性を持たせることが重要です。

立地条件の定め方

オフィス機能を最大限に発揮し、組織全体の作業効率・生産性を向上するにはオフィスの立地条件は欠かせません。
また、立地によって社会的信頼性の向上にも大きく影響を与えます。
事業にとって最も適した物件を選ぶことで収益増加にも貢献します。

ここでは、自社に適した立地条件の定め方について解説します。

社員の通勤状況の把握

組織の生産性を向上させるにあたって、従業員の通勤状況を把握しておくことは重要です。
多様な働き方が求められる昨今において、テレワークを実現する上でも通勤状況は必ず抑えておきましょう。
従業員がストレスなく効率的にオフィスを利用できる立地にオフィスを構えることで、生産的に業務に取り組めるようになります。

また、オフィス機能を分散化させるサテライトオフィスを構えることが目的の場合はより、通勤状況の把握は重要となります。
どれだけ一等地に構えても従業員にとって利便性が悪いエリアだと組織全体の業務効率も下がってしまい、無駄なコストが発生してしまうリスクがあるため注意が必要です。

事業内容と関連性の高さ

事業内容と関連性の高いエリアを選ぶことは重要です。
自社の商圏から外れた地域にオフィスを構えてしまうと、営業効率そのものが大きく低下してしまい、ビジネスチャンスを逃してしまいます。

自社の事業内容をしっかり把握し、商圏範囲の中で最も利便性の高いエリアを選びましょう。
特に営業などでオフィスを起点に移動をする業務の場合は交通の利便性が適したエリアであることで生産性の向上に大きく影響を与えます。

特に顧客との密接なコミュニケーションが求められる業種であったり、特定のエリアに特化した事業内容である場合はオフィスを構える立地は、従業員だけでなく顧客の生産性向上という視点においても重要です。

オフィス周辺環境

オフィスを構えた際にチェックしておきたい要素の一つに「周辺環境」が挙げられます。
オフィスを利用する従業員が快適に業務に取り組むためにはオフィスの外部にある環境が影響を与えます。
例えば郊外に営業をするため、車を利用することが多い事業の場合、都心部の一等地にオフィスを構えても、駐車場を予算内で確保できなかったり、道が狭く高い運転技術が必要である場合などではパフォーマンスの低下が生じる可能性があります。
また、ランチに利用できる飲食店やサービスの有無も従業員満足度に直結するため侮れない要素とも言えます。

駐車場の有無や関連会社とのアクセスしやすさ、駅からの距離、トラブル発生時にリカバリーが効くサービスや商品を販売してる店舗の有無などの周辺環境は事前に確認しておきましょう。

低コストでオフィスを構えるならレンタルオフィスがオススメ

オフィスを構える際に発生する悩みの一つに「多大なコストが発生する」点があります。
オフィスを設ける際に発生する代表的な費用として「物件取得にかかる初期費用」「内装にかかる費用」「インターネット環境等のインフラ整備」「オフィス機器の導入」が挙げられ、数百万〜数千万円規模にまで予算が必要なケースも珍しくありません。

特にスタートアップ時期の企業はオフィスを構えるにはまとまった資金が必要になるためハードルは高いと言えます。
そうした中で、オフィスに必要な機能をレンタルして使用できる「レンタルオフィス」が近年注目を集めています。
レンタルオフィスは一等地にサービスを展開している物件が多く、自社の事業に適した立地条件を探しやすい特徴があります。

ここでは格安で一等地や自社にとって最適なエリアにオフィスを構えるならレンタルオフィスがおすすめの理由を解説します。

低コストで好立地にオフィスが構えられる

レンタルオフィス最大の利点として「コストを抑えながら好立地にオフィスを構えられる」ことがあります。
オフィスを構える際に生じる費用は膨大なため、それなりに資本がないと好立地にオフィスは構えられません。
レンタルオフィスでは執務スペースとなる個室を借り、それ以外のインフラやオフィス機能、設備を他の入居者とシェアすることで費用を大幅に削減できます。
そのため、創業初期の段階や独立した直後において、レンタルオフィスは自社の事業を爆発的に加速させる上で欠かせない要素と言えます。

内装も綺麗であることが多い

レンタルオフィスでは管理会社が原則清掃を行います。
そのため、多くのレンタルオフィスは常に清潔感があり、綺麗な状態でサービスが提供されます。
内装が綺麗だと、来客対応時に好印象を与えることができるため社会的信用性の向上にも大きく影響します。
また、掃除にかかる時間的コストを削減できるため、より効率的に業務に取り掛かれる点もポイントです。

事業に必要な設備が利用できる

レンタルオフィスでは執務スペースに加えて共同で利用できる会議室や共同ラウンジ、セキュリティシステム、インターネット環境、受付対応などを他の入居者と共有することでコストを削減できます。
それらの施設は必要な時に必要な時間だけ使用できるため、賃貸オフィスのように高い費用をかけて専用の会議室や応接室を作る必要がありません。

エリア・場所選びが事業を成長させる

オフィスを構える際には立地条件が事業の成長に大きく関係します。
自社の組織体制や事業にとって最適な環境に身を置くことで効率的かつ生産的に業務に取り掛かることができます。

また、オフィスを構える際は多大なコストが発生するため、何度も移転するのは難しいと言えます。
そのため低コストでオフィスを構える手法としてレンタルオフィスを活用するのもオススメです。
レンタルオフィスを探す際は、オフィスを構えたいと考えているエリアに特化した管理会社を活用することで、自社の条件に適した立地条件を提案してくれます。

例えば札幌市でオフィスを構えたいと考えているのであれば、札幌市に特化してレンタルオフィスを展開しているSKY-OFFICEに相談すると、道内ビジネスの特性を踏まえた上で、自社にとって生産性の高い物件を見つけることができるでしょう。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ