起業・開業したら必要になるWebサイトの効果的な活用方法|オフィスとWebサイトを両方とも活かす活用術

新たに事業を立ち上げ、ビジネスを円滑に進めるためには、活動拠点となる「オフィス」に加えて、「Webサイト」の活用が欠かせません。
自社事業のWebサイトを立ち上げることは、インターネット上の活動拠点に等しく、マーケティングの観点からも必須要素として挙げられます。
企業ホームページ、サービスサイト、リクルートサイト、プロモーションサイトなど目的に合わせてWebサイトを使い分けることで、効率的に事業を進められるようになります。
本記事では創業初期のフェーズからWebサイトが重要な理由とメリットについて解説します。

起業・開業時にWebサイトが必要な理由

ビジネスシーンにおいてWebサイトは活動拠点となるオフィスの存在と同じように当たり前にある存在となりました。
数年前ではWebサイトを制作するだけで競合との差別化ができると言われていた時期がありましたが、昨今ではWebサイトがあることは「当たり前のこと」であり、名刺や看板と同義とまで言われています。
Webサイトに関しては創業初期や開業初期の段階でも重要な要素であり、事業を成功させるためにはインターネットを活用しない手はありません。

例えば、企業のビジョンや経営理念、事業内容、サービス内容などを紹介する企業ホームページはマーケティング活動やセールス活動の中で欠かせない顧客との接点となります。
他にも目的に合わせて適した構成のWebサイトを作成することで、自社の強みや魅力を的確に訴求が可能になります。

上記以外にも様々な利点があるWebサイトを活用しない手はありません。
ここでは創業初期や開業間もない頃でも、Webサイトを制作し、運営するメリットについて解説します。

Webサイトは事業の成長には不可欠な存在となった

世の中に「インターネット」が登場し、インフラと等しいほどに浸透した現代において、情報発信及び取得する手段として欠かせない存在です。
それは企業や団体、個人においても同じことで、Webサイトはビジネスシーンにとっても不可欠な存在となっています。

例えば営業活動をする時、多くの営業部門はホームページを通じて取引先や顧客の情報を取得します。
それは企業内にある全ての部門において当てはまる内容で、インターネットを利用せずに事業を促進していない領域を探す方が難しいと言えるでしょう。

また、スマートフォンやタブレット端末の登場により、インターネットへの接続があらゆる場所で可能となり、パソコンを立ち上げなくとも気軽に情報収集ができるようになっています。
そうした現代社会において創業初期や開業間もない時期でもWebサイトを保有しておくことは重要性が高く、成長を促すために欠かせないツールとなりました。

事業内容な会社概要を正確に伝えられる

Webサイトに掲載できる情報はテキスト、画像、音声、動画と多岐に渡ります。
また発信方法にも様々な手法があり、Webデザインによってブランドイメージの構築にも大きく影響を与えることが可能です。
そして、自社が提供している事業内容を素早く簡単に発信できることで、多くのビジネスチャンスを得ることに繋がります。
会社概要も「ビジョン」や「理念」を正確に伝えることができるため、よりパーソナルな部分も誤解を与えることなく相手に訴求できる点はWebサイトだからこそ実現可能な特徴と言えます。

例えば飲食店であればWebサイトにお店のアクセス方法、店の内装や外装、メニュー・サービス、料金体系、営業日時などを掲載することで、顧客は安心して来店することができます。
画像や動画をうまく活用することで、来店する前からお店の空気感を訴求できるため、集客のみならずお店のブランディングにも直結します。
これが結果的に事業の成長に大きく貢献するのです。

これら一連の流れは業種問わずあらゆる業界で事例があります。
BtoBでニッチな業種だとしてもインターネットの利用は当たり前のように行われており、事業内容を正確に伝えることができるようになったおかげで、マーケティング施策や営業活動もデジタルへとシフトしています。

顧客情報の取得が可能になる

Webサイトを制作し、自社の強みをコンテンツとして発信することで「問い合わせ」や「資料請求」というアクションをユーザーから引き起こせるようになります。
事業を成長させるには、見込み客を獲得し、必要なタイミングでユーザーに情報を提供することが求められます。
インターネットが普及する以前では、見込み客の取得のためには名刺を集める必要がありました。
Webサイトを活用することでインターネットを介して顧客情報を集められるようになります。

特にBtoBの場合、ユーザーが自社商品を購入するまでに長い時間が必要です。
そのため、見込み客と何度もコミュニケーションを交わす必要があります。
意思決定までに時間を費やす商材においてはWebサイトを活用したコミュニケーションは効果的です。

ビジネスシーンにおいてWebサイトを活用することは特別なことではなく、当たり前のように存在する要素となりました。

起業時にWebサイトを制作するメリット

ビジネスシーンにおいてWebサイトは必ずと言って良いほど重要な要素となりましたが、その重要性は起業したばかりの企業にとっても変わりません。
ただし、現代ではWebサイトだけでなく、TwitterやInstagramのようなSNSやYouTubeやブログサービスのようなプラットフォームを活用するという方法もあります。
情報を発信するチャネルは複雑化しているため、Webサイトを制作しても即日効果が出るわけではありません。
しかし、創業間もないからこそ「企業の信頼性」や「事業内容を的確に訴求する」ことは重要であるのも事実です。

ここでは、情報発信のチャネルが複雑化するWebサイトを制作するメリットについて解説を行います。

宣伝・営業活動を助けてくれる

事業で提供する商品・サービスをユーザーに届け、購買活動に至るには「認知」してもらわなければいけません。
優れた機能を持つ商品やサービスを作っても、利用してもらえなければ存在していないのと等しいのです。

そのため、企業はあらゆる顧客との接点から情報を発信し、広報活動を行います。
Webサイトはインターネット上で情報発信が可能な接点の一つで、自由度の高い媒体です。
自社で提供する商品・サービスの詳細やこだわり、効果的な活用方法、開発秘話、購入できる場所の紹介、各種サポートサービスなどの解説をWebサイトであれば自由に行えます。

特に見込み客となるユーザーが自ら自発的にほしい情報を探している時は、インターネット上にあるWebサイトはコントロールがしやすく、ユーザーにとって適切なタイミングで情報提供ができます。
また、セミナーや製品説明会、イベントへの出店などを開催した際も、紹介した商品の資料をサイト内に置いておけば、リアルイベントと連携したコミュニケーションを取れます。

顧客のニーズを分析しやすくなる

現代のビジネスにおいてデジタルが欠かせない理由の一つに「ユーザー行動をデータ化できる」点が挙げられます。
サイトに訪れたユーザーが「どのチャネルから訪問したのか」「どのようなページを閲覧しているのか」「どのページで離脱をしているのか」といったデータを取得することで、ユーザーが自社に対して抱いているニーズを分析しやすくなります。

さらにWebサイトでは問い合わせフォームの設置やダウンロードコンテンツの提供が可能なため、顧客情報の獲得に大きく貢献します。
顧客情報はビジネスにおいて最も欠かせない要素のため、事業成長のためにはニーズの分析は不可欠な要素です。

社会的信頼性の向上につながる

Webサイトを制作することで「社会的信頼性の獲得」にも寄与します。
もちろん、ただサイトを作っただけでは信頼性の獲得には繋がりません。
サイト運営会社情報の公開、企業ロゴ・ビジョン・理念の発信、SSL化などしっかりしたセキュリティ対策を行うことで、ユーザーから信用してもらいやすくなります。

また、視覚的にも情報を訴求しやすいWebサイトは顧客に対して企業にブランドイメージをイメージさせやすいです。
丁寧で綺麗な構造のサイトは安心感を与えやすいため、購買活動への意思決定に影響を添えてくれるでしょう。
さらに質の高いコンテンツを発信し続けていればファン層の獲得にも効果的なため、顧客のライフサイクルを示すLTV(Life Time Value:顧客生涯価値)の向上にも繋がります。

Web上でマーケティング活動が行える

「顧客に自社商品・サービスを選んでもらう仕組み作り」であるマーケティング活動はデジタル領域においても不可欠です。
そしてデジタル上で行うマーケティング活動においてWebサイトは欠かせないチャネルの一つです。
また、SNSや各種プラットフォームとの相性も良いため、キャンペーンの遷移先としてWebサイトを保有しておくと効果的に顧客情報の取得及び対象商品の購買活動へ誘導ができます。

特に資本が少ない創業初期のフェーズでは低コストで実施できるWebマーケティングは効果的であり、事業拡大には欠かせません。
インターネットが普及してきた現代ではBtoBでもデジタル上の施策は効果的になってきているため、ニッチな業界や業種であってもWebサイトを制作することは無駄ではありません。

また、セールス活動においては名刺や会社案内の代わりになるため、商談を円滑に進めるためのツールとしてもWebサイトは活用できる点も見逃せません。

求人募集として効果的

Webサイトは求人募集との相性が良く、多くの企業は専用のリクルートサイトを制作し、人材確保を行っております。
製品のマーケティング活動と同じく、求人においても「会社の存在を知ってもらう」ことと「会社の事業に興味関心を抱いてもらう」ことは欠かせません。
リクルートサイトに登録をして募集するのも手ですが、求職者は自身で企業の情報を収集するため、Webサイトがなければ不安感を与えてしまい、応募するのに二の足を踏むことも考えられます。
リクルート活動の成功にはWebサイトは欠かせない存在なのです。

また、これら一覧のフローは新卒採用だけでなく、中途採用にも当てはまります。
インターネットが身近にある世代だからこそ、Webサイトの有無は信頼性に直結し、売上のみならず、採用活動にも大きな影響を与える可能性も年々増加していくことでしょう。

Webサイト制作にかかるコスト

Webサイトを制作するには様々なコストが発生します。
創業初期の段階ではWebサイトに費用をかける余裕がないケースも珍しくありません。
具体的にどれ程のコストが発生するのか理解しておくことは重要です。

【Webサイトの制作にかかるコスト】

  • Webサイトの制作費:数十万〜数百万(ボリュームによって価格帯は変動)
  • システム運用及びサーバー管理費:数十万(内容によって価格帯は変動)
  • 人的コスト:人件費、外注費、時間的コスト

予算として少なくとも100万円近くはかかると考えておいた方が良いでしょう。
また、サイトの規模や導入するシステムによっては1,000万円近くかかるケースもあります。
自社に必要な機能をしっかりと吟味して、最適な形でサイトを制作できるようにしましょう。

●まとめ SKY -OFFICEは無料HP制作サービスがある

Webサイトを制作することはオフィスを構えるのと同じぐらいビジネスシーンでは重要な要素であり、効率的に事業を進めるのであれば避けては通れません。
そのため創業初期フェーズであっても要検討するべきものと言えます。
また、同じく検討するべき要素としてオフィスが挙げられますが、オフィスの取得もWebサイトの作成と同じくコストがかかるものです。

札幌市を拠点にレンタルオフィスを提供しているSKY-OFFICEではコストパフォーマンスに優れたレンタルオフィスの提供に加えて、無料ホームページ制作サービスも提供しています。
オフィスとWebサイト両方とも検討しているのであれば、低コストで両方とも手に入れることが可能です。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ