フリーランス・個人事業主がレンタルオフィスを利用する5つのメリット

クラウドソーシングの普及やテレワークによる働き方の浸透、ノマドワークが可能な環境が増えたことで、フリーランス・個人事業主として企業に属さずに働く人が近年増加傾向にあります。
フリーランスとして働く人が増えたことで、競合が増加しています。
競争率が高い中、仕事を獲得し、クオリティの高い成果を達成するためには労働環境が重要です。
資本がまだ少ない状態の中、オフィスとして仕事場を設ける際には、格安でオフィスを構えられるレンタルオフィスがオススメです。
本記事ではフリーランス・個人事業主がレンタルオフィスを利用する5つのメリットについて解説します。

フリーランスとして働く人が増加している

近年フリーランスとして働く人が増加傾向にあり、ランサーズ株式会社が発表した「新・フリーランス実態調査 2021-2022年版」によるとフリーランス人口は1,577万人、経済規模は23.8兆円と巨大な市場となっており、調査を開始した2015年から比較するとフリーランス人口は68.3%増加しています。

コロナ禍において独立・開業を選択する人は増加傾向にあり、厚生労働省の「雇用保険事業年報」によると2020年度では開業率は5%増加しており、2022年現在も新たに開業する人が増えています。

フリーランス・個人事業主として働く人が増加する中で、多くの事業者にとって課題となるのが「仕事の獲得」や「営業」「生産性の向上」となり、ワークライフバランスの充実化が重視されています。

そうした背景の中、オフィスの在り方も見直されるようになり、新型コロナウイルスの世界的流行や働き方改革の影響も受け、フリーランス・個人事業主でもオフィスを構える人が増えています。

フリーランス・個人事業主に必要なオフィス環境

フリーランスの利点として「働く場所を選ばない」というノマドワーカーとしての一面が挙げられます。
そのため、オフィスに常駐して働く会社員よりも自由度の高い労働環境を構築できます。

自由度の高い働き方が選べるフリーランスにおいても、オフィスや仕事場は自身のビジネスを円滑に進め、集中して作業をするためには必要不可欠な環境です。
仕事をスムーズに進めるために「インターネット環境」を構築し、作業を行うためのデスクやチェアを用意して仕事場を作ることが最初期に必要となります。
集中して仕事ができる環境がなければ、十分なパフォーマンスが発揮できず、結果として長期的な収入源の確保に繋がらないリスクが発生し、信用度の低下とともに廃業へと直結してしまうことも珍しくありません。

そのため、フリーランス・個人事業主にとってオフィス機能は必須要素であり、仕事場の確保は独立を検討した段階で念頭に置いておくべき存在です。

仕事場として利用できる場所は自宅やカフェ、レンタルオフィスと多岐に渡り、その中で適切な環境を選択することで、作業効率や生産性の向上が見込めます。

自宅オフィス

フリーランスとして働く際に最初に候補に上がる仕事場が「自宅」でしょう。
自宅をオフィスとして活用すると自分のペースで仕事がしやすくなり、通勤から解放され、様々なコストを削減できます。

しかし、自宅をオフィスにすることでいくつかデメリットがあります。
住所や個人情報がクライアント側に表示されてしまい、プライバシーが保てなくなります。
また、テレビや書籍、ゲーム、趣味などの誘惑も多く作業が捗らないことも珍しくありません。
さらに家族がいる場合、家族の了承を得ることや作業スペースの確保するのが一苦労という声も珍しくありません。

自宅で仕事をする際は、仕事ができる作業スペースの確保や複合機などのオフィス機能の充実化、家族の協力を得るといった体制を整えましょう。

カフェスペース

仕事場として「カフェ」を選択する人もフリーランスでは多いと言えます。
近年ではノマドワーカーに適した仕事しやすい環境が整っているカフェも珍しくなく、インターネット環境や電源確保、広々としたスペースで快適に仕事が可能です。

しかし、あくまでカフェは仕事をするのに特化した環境ではないため、必ずしも全ての業務に適しているとは言えません。
長時間作業するのに適していないことも多く、集中して業務に取り組めない可能性があります。
また、周りにカフェの利用者も多いため、情報漏洩のリスクも注意しなければなりません。
利用する度、コストが発生するため、結果的に費用がかさんでしまうケースも多々あります。

カフェで仕事をする時は、軽作業のみに済ませ、集中したい業務は別途オフィスを構えるのがオススメです。

レンタルオフィス

レンタルオフィスは専有の執務スペースを借りて仕事場として利用できるオフィス形態の一つです。
仕事に集中できる環境を構築できるため、作業効率や生産性の向上が見込めます。
また、オフィスに必要な機能を他の利用者と共同で利用することで、コストを削減し、少ないランニングコストで運営が可能です。
合わせて会議室のような打ち合わせスペースも利用できるため、クライアントとのミーティングをレンタルオフィス内で完結させられる点も大きなメリットです。
自宅やカフェで挙げられる全ての課題を解決できるため、多くのフリーランス・個人事業主に利用されています。

しかし、レンタルオフィスは利用するのにコストが発生し、ある程度の収入がないとオフィスを保つだけでも時間がかかります。
また、出勤するという移動コストも発生する点もデメリットと言えます。
ただし、中にはレンタルオフィスをオフィス機能として確保していきながら、普段はノマドワーカーとして働くフリーランスも少なくなく、自身のワークスタイルに合わせた活用も可能です。

コワーキングスペース

コワーキングスペースはオフィス機能を持ったスペース・設備を共有することでコストを削減しつつ、業務に集中できる空間です。
共有スペースでは交流が生まれやすく、情報交換や新たなビジネスアイデアの創出、コミュニティの形成などが見込めます。
フリーランスとして活動している方も多く、オフィスの代わりに利用する方も少なくはありません。

ただし、レンタルオフィスと異なり、専有のスペースが無いため周囲の話し声が気になったり、セキュリティトラブルのリスクがあります。
また、作業スペースの確保ができない場合もあるため、業務が捗らないケースもあります。

完全個室で業務に集中したいのであればレンタルオフィスがオススメです。

レンタルオフィスをオススメする5つのメリット

フリーランス・個人事業主が自身の業務を成長させたい場合、仕事に集中できるオフィスが不可欠です。
レンタルオフィスは低コストでオフィスを構えることができ、社会的信用性の向上に役立ちます。

ここでは、フリーランスがレンタルオフィスを利用することで得られるメリットについて解説します。

① 低コストでオフィス環境を構築できる

オフィスを構える際にかかるのが多大なコストです。まず物件取得初期費用として敷金/礼金・補償金といった費用が発生します。
そこから更にオフィスの改修費用やオフィス用品、オフィス機能として必要なものを揃えると莫大なコストが発生してしまい、フリーランスでは立ち上げるだけで一苦労です。

レンタルオフィスであれば、それらを他の利用者とシェアすることでコストを削減してオフィスを構えることが可能です。
オフィスに必要な機能はもちろんのこと、住所やオフィス機器が揃っています。
また、契約して即日でオフィスとして利用できるためスピード感早く事業に取り掛かれます。
ランニングコストを抑えた状態でオフィスを運営できるため、長期的な経営計画の見通しもしやすいため、レンタルオフィスを活用することで、事業の成長に大きく影響を与えます。

② オフィスを構えることで信頼性が向上する

オフィスを構えることで、クライアントから社会的信頼性の向上へと繋がりやすくなり、案件獲得率の向上にも影響を与えます。
また、クライアントとの打ち合わせもカフェなどのスペースではなく、レンタルオフィスで提供している共同ラウンジや会議室を利用できるようになるため、周りの目を気にせずにビジネスの話を進められます。
レンタルオフィスの外観や内観が清潔であれば、更に信頼性の向上にも繋がるため、長期的な視点でも費用対効果が高いのが特徴です。
レンタルオフィスを選ぶ際は機能面に加えて利用できるサービスや清潔さなども確認するのがオススメです。

③ プライベートとのオンオフを切り替えられる

自宅をオフィスとして活用するフリーランスの悩みとして「プライベートな空間とのオンオフが難しい」という点が挙げられます。
レンタルオフィスは業務をするのに特化した空間のため、ビジネスに集中できます。フリーランスの中には家で仕事をする空間や時間を確保するのが難しい方も少なく無いでしょう。
そういった方にとっても「仕事をするための空間」を作ることでスイッチのオンオフを切り替えることができる点もレンタルオフィスを利用するメリットとなります。

④ 起業時に事務所として登記が可能

レンタルオフィスは法人登記をする際に事務所として登記することが可能な場合が多いです。
そのため、開業届の事務所としても利用できるだけでなく、起業時の事務所としても活用可能です。
フリーランス・個人事業主として活動をする中、将来的に法人として会社の設立も想定している場合は、レンタルオフィスを活用することでスムーズに起業を行えます。

⑤ 仕事の効率が上がり、事業成長が期待できる

レンタルオフィスはオフィス機器が揃っていることもあり、事業に集中するには適している環境と言えます。
中には経営サポートをしてくれるサービスを提供しているレンタルオフィスもあり、仕事の効率化にも大きく影響します。
例えば、受付サポートを受ければ応接対応にかかるコストを削減でき、業務に集中することが可能です。
また、レンタルオフィスの中にはコワーキング機能を持つ施設も多く、利用者同士の交流が生まれるケースも珍しくありません。
交流が生まれることで新たなビジネスアイデアの創出やコミュニティの形成などに繋がり、事業の拡大や成長も期待できます。

まとめ

フリーランスにとって事業の成長は収益増加のために欠かせない要素であり、目指すべき目標の一つでもあります。
効率的かつ生産的に業務に取り組むためには「ビジネスに集中できるオフィス」が不可欠です。
オフィスは自宅やコワーキングスペースと様々な形態がありますが、専有の個室を執務スペースとして利用できるレンタルオフィスがオススメです。
事業に集中できる環境だけでなく、信頼性の向上や新たなビジネスアイデアの創出、起業などをスムーズに進める環境構築など様々な形で応用できます。

札幌市でレンタルオフィスを探す際は、完全個室型の執務スペースを提供しているSKY-OFFICEを利用してみてください。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ