士業の独立開業時にレンタルオフィスがオススメな理由

士業として独立開業する際に必ず必要になるのが事務所です。
事務所には執務スペースに加えて、応接室や会議室も必要になります。
また、士業においては事務所を構えるエリアも重要な要素となるため、アクセス状況や利便性も集客において欠かせないポイントです。

事務所の綺麗さも重要で、清潔な空間は安心感を与えるだけでなく、社会的信用性の向上にも大きく貢献します。
しかし、事務所を立ち上げる際には多額のコストがかかるという欠点があります。
そのため、近年では低コストで事務所を構えられるレンタルオフィスを活用する事例が増えてきました。
本記事では士業と相性が良いレンタルオフィスの有効性について解説します。

税理士、弁護士、行政書士などの独立開業には事務所が不可欠

税理士、弁護士、行政書士、司法書士、公認会計士といった「士業」を独立開業する際に必要となるのが事務所です。
士業として活動をする中で事務所は非常に重要で、社会的信用度の向上やエリアにおける利便性などは依頼の数にも影響を与えます。

事務所を置くことで自らの活動拠点をそのエリアを中心に構築及び拡大できるため、事務所の立地や利便性、雰囲気は集客面を支える要素となるため慎重に検討する必要があります。

通常、事務所を構える際は「自宅を事務所とする」か「賃貸事務所を活用する」パターンが多いと思われます。
前者は初期費用を抑えて事務所を構えられるため、スピーディに事業を促進可能です。
ただし、自宅兼事務所となるため、住所をサイトや名刺に貼る必要もあるため、デメリットもあります。

後者の賃貸事務所を利用すると、住所を事務所専用で利用できるだけでなく、場所も自宅の位置に囚われることなく決定できます。
ただし、賃貸事務所を利用すると内装にかかる費用や事務用品、インターネット環境、応接室などの用意を進める必要があるため、初期費用が大きくかかってしまうデメリットがあります。

その中で、近年注目を集めているのがレンタルオフィスを事務所として活用する方法です。

レンタルオフィスは士業との相性が良い

士業を開業する際には都心に事務所を構えるか、地方で事務所を構えるかで悩む方も少なくはないでしょう。
また、事務所を構えるならば執務スペースだけでなく、応接室や会議室も必要になります。
それらを賃貸事務所で構えるのであれば、内装にかかる費用がかかってしまい初期コストが膨れ上がってしまいます。

完全個室の執務スペースとオフィス器具及び機器を利用できるレンタルオフィスであれば、これらのコストを抑えながら事務所を構えられます。
低リスクかつ低コストで立ち上げが可能なため、スモールスタートしたい方にもオススメです。

事業規模に合わせて拡大や縮小がしやすい点もレンタルオフィスの特徴です。
従来の事務所では一度構えると、簡単に移動ができません。
しかし、レンタルオフィスであれば他のエリアに商業エリアを変更するのもスムーズに行えます。

士業にとって必要な機能が全て低コストで利用できる点と、事業に合わせた拡大が可能な点で、レンタルオフィスは非常に相性が良いです。

士業の開業にレンタルオフィスを利用するのがオススメな理由

レンタルオフィスを利用するにあたって、様々なメリットがあります。
ここでは士業にとって効果的なメリットを紹介します。

低コストで事務所を構えられる

レンタルオフィスはオフィス維持にかかるコストが大幅に軽減される点が最大の特徴です。
従来の賃貸事務所と異なり、他のオフィス利用者と光熱費や管理費、インターネット設備などを共同で利用します。
そのため、本来発生するコストを抑えた形で事務所の運営が可能です。

また、レンタルオフィスではデスクやチェアなどを利用できるため、オフィス機器の準備も不要です。
さらに、レンタルオフィスには受付サービスや郵便受け取りも可能なため、人的コストの削減にも大きく貢献する点もコスト削減に大きく寄与します。

スピーディに立ち上げ可能

レンタルオフィスは契約して即日に事務所として利用ができます。
通常、賃貸事務所では契約をしてから内装工事や各種設備の導入などが必要となり、1ヶ月ほどのタイムラグが発生します。
しかし、最初から事務所に必要な機能が揃っているレンタルオフィスであれば即座に営業を開始できます。

早いスピードで行動ができるため、スムーズに業務を進められる点はレンタルオフィスを利用するメリットの一つです。
また、事業の拡大や縮小に対してもスピーディな対応が可能になるため、柔軟よく対応ができるようになります。

レンタルオフィスを効果的に活用することで、事業の成長に合わせた運営が実現するため、時と場合に合わせた意思決定を即座に反映可能です。

一等地に位置することが多い

レンタルオフィスは一等地に位置することが多いため、低コストで好立地なエリアに事務所を構えられます。
弁護士や税理士、司法書士といった士業ではエリアが非常に重要な要素となります。
人が多く、様々な企業が多い都心部ではビジネスチャンスが非常に多い傾向にあります。
それと同時に競合も多いため、集客に対する施策に力を入れる必要があります。

地方に開業する場合は、都心部では課題となる競合の多さに悩まされることはありません。
集客が上手くいけば、見込み客の多さはそのままメリットとなります。
しかし、経済規模が小さいため、都心よりも利益が少なくなるというデメリットが課題として挙げられます。

レンタルオフィスは都心部でも地方でも一等地に位置する傾向にあるため、どのエリアに設置しても集客がしやすい特徴があります。
そのため、商業エリアとして事務所を構えたい場所を選ぶ際に意思決定しやすいのがメリットです。

法人登記が可能

レンタルオフィスは法人登記が可能な物件が大半を占めています。
士業として開業する際に必要となる登記も、レンタルオフィスを利用することでスムーズに開業が行えます。
また、レンタルオフィスによっては開業をする際のサポートをしてくれる運営会社もあるため、よりスピーディな独立が実現します。
住所利用ももちろん可能なため、自宅を事務所にする際に発生するプライバシー性の確保やセキュリティの問題も解決できます。

これから士業として独立開業するフェーズであってもレンタルオフィスであれば安心して事務所を構えられる点は他のオフィス形態には無いメリットです。

共有スペースを利用すれば対面対応が可能

レンタルオフィスには執務スペースだけでなく、応接室や会議室、他の利用者と共同で使用できるラウンジといった設備が提供されているケースが多いです。
士業では相談に来たお客様との対面での面談を行うことが珍しくないため、応接室や会議室といった共有スペースは業務を進める中で欠かせません。
賃貸事務所では用意するだけで多額のコストが発生するため、低コストで活用できるレンタルオフィスはオススメです。

また、施設によっては利用時に、別途料金が発生する場合もありますが、対応が必要な時にのみコストが発生するため、ランニングコストを抑えることにも繋がります。
レンタルオフィスを活用して事務所を構える際は必ず共有スペースの有無や料金体系を確認しておきましょう。

レンタルオフィスを選ぶ際の注意点

レンタルオフィスには多くのメリットがありますが、同時にデメリットもあります。
また、利用する施設によって設備に差があるため、事前の確認は不可欠です。
ここではレンタルオフィスを選ぶ際の注意点について解説します。

完全個室で防音のしっかりしたスペースを選ぶ

事務所として構えるのであれば、完全個室であるか必ず確認をしましょう。
エリアによっては消防法の関係で、壁で空間を区切る完全個室ができないケースもあるそうです。
天井がスペースとなっている半個室タイプや、壁がパーテーションで区切られているだけの場合もあります。

完全個室タイプだとしても、防音性の高さは必ず確認をしておきましょう。
外からの音が漏れる環境だと、顧客の個人情報を扱う会話ができない可能性があり、業務に集中できないデメリットもあります。

セキュリティ対策に不備がないか確認する

士業では顧客の個人情報を扱うためセキュリティ対策は重要です。
前述した防音性はもちろんのこと、施錠システムやインターネットのセキュリティ対策は必ず確認しましょう。
また、宅配ボックスなどの施錠も事前に確認しておくことで安心して利用できます。

館内における防犯対策も重要です。
防犯カメラやセキュリティ会社、警備会社なども不備がないか確認しておくと安心です。

また、セキュリティのしっかりした事務所は社会的信用にも大きく寄与するため、集客面や成約率にも貢献する要素です。

クライアントを招きやすい清潔感

レンタルオフィスは管理会社が管理するビルやスペースを利用して運営されているケースがほとんどです。
そのため、中には見た目が暗いビル内にあることも珍しくありません。
士業に相談するお客様に安心して足を運んでもらうためには事務所の見た目や清潔感は不可欠な要素です。

また、見た目だけでなく、館内にも清潔感は重要で、常に清掃が行き届いていることが信用度を高める要素となります。
レンタルオフィスでは管理会社で清掃を行うため、常に清潔感が保たれている傾向にあります。
ただし、全てのレンタルオフィスに当てはまる要素ではないため、内覧時には清掃会社の有無も確認しておきましょう。

まとめ

士業を開業する際に必要となる事務所は、低コストで必要な機能が全て揃えられるレンタルオフィスがオススメです。
また、事務所を構えるエリアは非常に重要な要素となるため、レンタルオフィスを選ぶ際は「そのエリアに根ざした管理会社」を選ぶことで、地の利を生かせます。

例えば札幌市に事務所を構えたいのであれば、札幌市を中心にレンタルオフィスを提供している管理会社を選ぶことで、札幌だからこその特徴を考慮したエリアを提案してくれるでしょう。

札幌を拠点にレンタルオフフィスを提供するSKY-OFFICEであれば、経営戦略に適した物件の提案が可能です。その際は、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ