レンタルオフィスと賃事務所は何が違う?多様化するオフィス形態の紹介

起業や開業をした際に必要になるのが仕事場となるオフィスです。
創業初期フェーズの段階ではオフィスを構える際に、レンタルオフィスや貸事務所のような形態のオフィスを活用するケースも珍しくありません。
また、働き方の多様化に合わせてオフィス形態も多様化し、様々なタイプのオフィスが提供されています。
本記事では創業初期フェーズに活用したいレンタルオフィスと貸事務所の違いや、他のオフィス形態について解説します。

多様化するワークスペースと適切な仕事場の選び方

働き方改革によるテレワークの導入や、場所に縛られずに働くノマドワーカーなど働き方の多様化に合わせて仕事場となるオフィスの在り方に変化が起きています。
従来のワークスタイルと異なり、場所や時間に縛られないスタイルへと変化が生まれる中、オフィス形態もそれに合わせて多様化しています。

例えばオフィス機能を他の利用者と共有し、専用の個室をレンタルしてオフィスとして利用する「レンタルオフィス」や、事業所用ビルにフロアをオフィスとして貸し出している「貸事務所」、特定の席を持たずにオープンスペース内で自由に仕事をする「コワーキングスペース」など多種多様な形態を持つオフィスが登場しました。

起業や開業したばかりの頃だと資本も少ないため、個性的で独自性のあるオフィスを構えることが難しい傾向にあります。
しかし、レンタルオフィスのようなオフィスを利用すれば、創業初期の段階でもオフィス機能を兼ねそろえたスペースを活用できます。

オフィスを選ぶ時は自身のワークスタイルや業界・業種に対して、費用対効果が良く、必要な機能が利用できるオフィス携帯を活用することで、初期フェーズでも高い生産性が得られる仕事場を用意できます。

レンタルオフィスの特徴とメリット

レンタルオフィスは「オフィス機能が備わっている賃貸オフィス」のことを指します。
オフィス機能を一から用意する従来のオフィス形態と異なり、必要な機能は最低限備わっているため、創業初期フェーズや独立まもない時期、副業などでも利用できるのが特徴です。
また、利用者数も一人から対応可能なため、オフィスを構える際の選択肢が広がり、利用する方が増加傾向にある形態です。

ここではレンタルオフィスの特徴と活用方法について詳しく解説していきます。

充実したオフィス機能を低コストで利用できる

レンタルオフィスは机やイス、通信環境(インターネット)など必要最低限の設備が揃っています。
また、入居時に内装工事が不要なため、改装にかかる費用が一切ありません。
他の入居者と共同で会議室やプリンターなどの複合機、オープンスペースなどを利用できる場合もあるため、オフィスに必要な機能を最初から活用できるようになります。

また、通信環境のように共同で利用する性質上、賃料が安く抑えられている場合が多く、低コストで利用できる点もポイントです。
初期費用も貸事務所と比較すると格段に安く抑えられるため、創業初期でも利用しやすいのも魅力です。
レンタルオフィスによって初期費用の値段や構成は変わりますが、賃料の12ヶ月分が保証金として一般的な中、レンタルオフィスの場合3ヶ月分の賃料分程度もしくは、保証金そのものが無い物件もあります。
水道光熱費や共益費なども賃料に含まれているケースが多いため、ランニングコストも低く抑えられる点もオススメです。

施設によっては受付サービスや経営のサポートなどのサービスを提供している物件もあるため、サービス面の充実度もレンタルオフィスの強みとして挙げられます。

入居したらすぐに仕事を開始できる

通常、オフィスを契約する時は内装工事や通信環境の工事が必要となります。
そのため契約後に直ぐオフィスを利用できるわけではありません。
また、オフィス用具やオフィス機器を購入し、契約したスペースに設置をする作業も発生するため、設備を整えるだけでも時間がかかります。

レンタルオフィスは最初からオフィス機能が用意されているため、契約して直ぐに入居が可能です。
そして、パソコンを持ち込めばその日のうちから仕事を始めることも可能です。
レンタルオフィスは一等地に場所を構えている傾向にあるため、スタートアップ企業や独立して間もない頃のフリーランスにとって、一等地に入居して直ぐに業務へ移りたいと考えている方も少なくないと思います。
スピード感のある事業展開を望むのであれば、レンタルオフィスへの入居は効果的と言えます。

会社の規模に適した広さを選べる

レンタルオフィスは最低一人から利用可能のため、一人起業でも専有スペースを確保できるメリットがあります。
会社の規模が小さくとも、適した広さのスペースを選べるため、事業規模に合わせた拡大がしやすいのが特徴です。
また、レンタルオフィスによっては同じ物件内であれば部屋を引っ越しできるサービスを提供しているケースもあるため、会社の規模に合わせてスペースの広さを拡大させることも可能です。
事業の成長に適したオフィスを利用することで、効率的かつ効果的にオフィスを利用できるため生産性の向上へと貢献します。

貸事務所の特徴とメリット

貸事務所は事業用のオフィスビルの一室やワンフロアを事務所として貸し出しているスペースのことで、レンタルオフィスと比較すると自由度が高いオフィスが作れます。
また、執務スペースや会議室、応接室、受付などを用意することができる特徴があります。
ここでは貸事務所の特徴とメリットについて解説します。

賃貸契約のため信頼性が高い

レンタルオフィスは創業初期でもオフィスを構えることができるため、社会的信用性が上がりやすいというメリットがあります。
貸事務所は「賃貸契約」を結んで専有スペースを借りるため、社会的信用度が他のオフィス形態と比較しても高いという特徴があります。
自社オフィスをしっかりと構えることになるため企業としてのブランド価値が上がり、クライアントからの信用も得やすくなります。
実際に稼働している会社であることが証明しやすいため信頼性を高めたい場合は、賃事務所を利用するのも一つの手です。

場所貸しのため内装の自由度が高い

貸事務所は「場所貸し」のため内装に関する自由度が非常に高く、企業のブランドイメージに合わせたデザインにすることができます。
受付や会議室、応接室の設置や見た目のこだわりを表現できるため、企業のブランディング戦略としてオフィスを効果的に活用できます。
レンタルオフィスの場合、利用契約となるため内装を変えることができないため、オフィスのデザインやレイアウトにこだわりたいのであれば貸事務所を契約するのをオススメします。
また、オフィス内にカフェや社員専用のオープンスペースを作ることも可能なため、競合との差別化や従業員の満足度向上など、基本的に会社として実現したいことを叶えやすいのが賃事務所の魅力です。

有効面積が広いためスペースに余裕がある

貸事務所は通常事務所用ビルの一室やワンフロアを借りるため、有効面積がレンタルオフィスよりも広い傾向にあります。
そのため社員数が10名以上であれば貸事務所の方が余裕を持って執務スペースを確保できます。
また、社員数が数百万規模でも収容可能な貸事務所もあるため、大規模な組織となっても問題なく活用可能です。
無駄なスペースがないため社員の増減に柔軟に対応でき、ゆとりのあるスペースが確保できる点も貸事務所のメリットです。

札幌の格安レンタルオフィス・貸し事務所の探し方【後悔しない賃貸オフィス選び】

様々なワークスペースの形態

オフィス形態は多岐に渡り、他にも多くの利用方法があります。
ここでは、多様化する働き方に対応したオフィス形態を紹介します。

シェアオフィスの特徴とメリット

シェアオフィスとは企業や個人がオフィス空間や設備をシェアして利用するオフィス形態です。
オフィス機能を共有することで賃料やランニングコストの負担を抑えることができます。
一つのオフィスを複数の利用者でシェアしますが、個室のブースを構えている施設もあるため、セキュアな空間を確保することも可能です。
初期費用を抑えてオフィスを構えたい場合や、必要なスペースのみを利用したい場合はオススメです。

サービスオフィスの特徴とメリット

サービスオフィスはレンタルオフィスとオフィス形態は近く、同じように専有のスペースをレンタルし、オフィスとして利用することができます。
レンタルオフィスとの違いとしてサービスオフィスは付属するサービスが豊富で、事業の拡大に貢献してくれる傾向にあります。
例えば、経営に関する相談やマッチング、サポートをしてくれるコンシェルジュサービスや、受付や秘書を代行してくれるサービスなどが挙げられます。
レンタルオフィスよりも単価は上がりますが、充実したサービスを受けられるため、オフィスの質を上げたい場合はオススメです。

コワーキングスペースの特徴とメリット

コワーキングスペースは、「Co(共同の、共通の)」と「work(働く)」の造語から名付けられた空間で、様々な背景を持つ人々が共同空間で共に働くスペースとして提供されるオフィス形態の一つです。
専有の空間があるオフィスと異なり、コワーキングスペースは原則フリーアドレス制を採用しており、他利用者とのコミュニケーションが自然と発生しやすい空間になっているのが特徴です。
異業種との交流も発生しやすいため、新たなイノベーションの創出やコミュニティ作り、人脈形成を行いたい場合はオススメのオフィス形態と言えます。

バーチャルオフィスの特徴とメリット

バーチャルオフィスはレンタルオフィスと異なり、業務を行うための執務スペースを設けず、事業を始める際に必要になる住所や電話番号を借りるサービスです。
例えば、自宅をオフィスとして構えているが、事業に必要な住所だけ別で利用したいという方にオススメです。
また、住所だけ東京に置きたいと言った場合でも活用できます。

札幌市内でオフィスを探すならレンタルオフィスがオススメ

オフィスを構える際は利便性や出勤のしやすさ、立地条件などを満たした物件を選ぶのがポイントです。
また、オフィスを構えたい地域が定まっている場合は、そのエリアで専門的に展開しているレンタルオフィスを選ぶことで、地域の特性を完備したサービスが期待できます。
札幌市内でオフィスを構えるのであれば、交通の利便性が高く、一等地に位置するレンタルオフィスがオススメです。
SKY-OFFICEであれば、札幌市内の中心地にオフィスを構えているため、札幌市でビジネスを展開する際に効果的に運用できます。

まとめ

レンタルオフィスと貸事務所はそれぞれメリットがあり、オフィスに求める機能や目的によって相性の良いオフィス形態は異なります。
初期費用を抑えて信頼性のあるオフィスを構えたい場合はレンタルオフィスの利用がオススメです。
また、個人向けの個室ワークスペースを提供しているレンタルオフィスもあります。
セキュリティ対策を保ちつつコワーキングスペースと近い活用が可能です。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ