個人向け個室コワーキングスペースのメリット

個々の事情に応じた柔軟で多様な働き方を実現する「働き方改革」の促進や、働く場所を特定しないノマドワーカーの普及によって、従来の働き方に縛られないワークスタイルが注目されています。
特に新型コロナウイルスの世界的流行を受け、オフィスへ出社せずに自宅で仕事をするリモートワーク・テレワークが一気に普及しました。
そのため、オフィス以外でも快適に仕事ができる環境として個室コワーキングスペースが注目されています。
本記事では個人向け個室コワーキングスペースについて解説します。

個人で仕事をする時に必要になる「集中できるワークスペース」

オフィスから離れた場所や自宅で仕事を行うテレワークやリモートワークが定着し、Web上で会議や商談が行われることが普及しました。
オフィスに出勤せずに自宅で働くワークスタイルが確立したことで、企業は従業員に対して柔軟に働き方を選択できる体制構築が求められています。

さらに働く場所が固定されないノマドワーカーや、企業に属せずに働くフリーランス、オフィスを構えずにビジネスを促進する起業家など、ワークスタイルは多様化したことで、オフィスの役割そのものが大きく見直されています。

また、新型コロナウイルスの世界的流行により、強制的に在宅でのリモートワークが迫られた結果「自宅に仕事をするスペースが無い」といった課題が浮き彫りになったことで、個人でも自由に利用できる「オフィススペース」が生まれました。
その中でもコワーキングスペースの形態を取りながら、プライバシー性を持った「個室」を利用できる「個人向け個室コワーキングスペース」は、柔軟な対応が必要なビジネスワーカーのニーズを解決するオフィススペースとして注目を集めています。

個人向けに個室を提供するコワーキングスペースのメリット

テレワークを快適に実施するためには「個室完備」「プライバシー性の高い空間」「ドロップインに対応している」「テレビ会議が可能である」「仕事に集中できる」といった要素が求められます。
これら全ての条件が揃っていれば在宅でも問題ありませんが、多くの場合、最適で快適な仕事場ではない状態にあります。
個人でも活用できるワークスペースの中でも、個室を活用できるコワーキングスペースは、テレワークで求められる条件を全てカバーしており、仕事に集中できる環境を手軽に利用することができます。
ここではそれらの特性を一つずつ紹介します。

個室完備

何か業務を遂行するために必要な環境として「集中できる空間」であることが挙げられます。
個人向け個室コワーキングスペースでは自宅と異なり、オンオフの切り替えがしやすく、かつ仕事に集中して長時間の作業ができる環境が整っています。
また、通常のコワーキングスペースのデメリットでもあった「周囲の会話が聞こえる」という点に関しても個室であれば問題はありません。
自宅では集中できない場合はもちろんのこと、カフェなどでは周りの目が気になって集中できない方にとってもオススメなワークスペースです。
施設によって完全個室のスペースではなく、天井が空いている半個室などのスペースもあるため、利用する際は希望の条件に合っているか確認をしましょう。

高いセキュリティー性が保たれる

機密情報を扱っている場合や秘匿性の高いプロジェクトを遂行している時、カフェやコワーキングスペースでは様々な人が行き来するため、情報漏洩のリスクがあります。
個室コワーキングスペースでは、パソコンの覗き見などが発生しないので、周囲の目を気にせずに仕事に集中できるのがポイントです。
一時的ですが専任スペースとして利用できるため、席を外す場合も安全性が確保できます。
長時間の作業が必要な場合、セキュリティー性の高い空間は余計なストレスを感じなくて済むため、結果的にスムーズに仕事に取りかかれるのもメリットとして挙げられます。
重要なデータを扱う際は、セキュリティ性の高さを確認することが重要です。

必要な時にレンタルが行える

コワーキングスペースには「ドロップイン」と呼ばれるサービス形態があります。
一般的にオフィススペースは月額単位で契約をするプランを提供していますが、ドロップインは「時間単位で利用できるプラン」で、必要な時に必要な時間だけ利用できるのが特徴です。
利用時間等は提供しているサービスによって異なりますが、好きな時間やタイミングで利用できるため、普段は自宅で仕事をしつつも、テレビ会議などが必要な時にだけ個室コワーキングスペースを利用するという使い方もできます。
固定のオフィスを持ちたくない方でも活用できるためドロップインはオススメのサービス形態です。

テレビ会議や電話も気兼ねなく対応できる

自宅で仕事をしている時や、カフェなどの場で仕事をしていると、気兼ねなくテレビ会議や電話をすることが難しいという課題があります。
テレワークが定着したことで、今後もテレビ会議やオンラインミーティング、Web商談、オンラインイベントなどインターネットを介したコミュニケーションが定着すると予測されます。
そのため、テレワークをするには音を出しても問題ないスペースの確保と、その時間帯に業務に集中できる環境の確保が不可欠です。
個室コワーキングスペースでは、電話はもちろんのこと、テレビ会議やオンラインミーティングなどのコミュニケーションが、周りの目を気にしないで行えます。
また、ドロップインを活用すれば必要なタイミングで使用できるため、自宅と上手く使い分けながら利用できます。

低コストで利用できる

個室の執務スペースを用意するには貸事務所やレンタルオフィスを契約する必要があります。
敷金や礼金、賃料、オフィス環境の構築などオフィスを立ち上げる際には多大なコストがかかりますが、個室コワーキングスペースを活用すれば低コストで利用できます。
初期費用を抑えることができ、ランニングコストも低いため個人でも活用できる点が大きなメリットとして挙げられます。
また、自宅と併用して活用すれば、必要な時以外は費用が発生しないため、コストパフォーマンスが良い点もポイントです。
月額契約でのみ提供している施設もあるため、実際に利用する際は提供しているサービス体系を確認し、自身の要望と合っているか確認をしましょう。

札幌で個人向け個室コワーキングスペースを探すなら「SKYキャビン」がオススメ

個室コワーキングスペースを導入している施設は全国にありますが、その数は多くなく、施設によってサービス内容も変わります。
また、普段仕事をする場所から近い場所や仕事をする上で都合の良い立地を選ぶことが重要となります。

札幌市内で個室コワーキングスペースを利用したい場合はSKY-OFFICEが提供するサービス「SKYキャビン」がオススメです。
航空機のコクピットをコンセプトにデザインされたSKYキャビンは、完全個室のコワーキングスペースで、仕事をするのに最適な全長2.0メートルのデスクと、宙に浮く感覚を体験できるアーロンチェアを採用しています。

1日単位から予約が可能で、使用料金も1日2,200円(税込)と低価格で利用可能です。
また、入会金等の追加費用も一切発生しないのが特徴です。
事前に会議の予定が入っている場合であれば、計画的なスペース利用も可能です。

さらに立地条件も良く、札幌駅や大通駅周辺に位置するため交通の利便性も良く、様々なシーンで活用できるのも大きなメリットになります。
また、連続日数での利用も可能なため、状況に合わせて予約できる点もSKYキャビンの強みです。

快適な個室空間で仕事を進めたい場合はSKYキャビンがオススメです。

まとめ

個室コワーキングスペースを活用することで、テレワーク・リモートワークを快適に進めることが可能になり、自宅やカフェでは実現が難しい「仕事に集中できる環境」を実現可能です。
オンライン上での会議や商談においても周囲の目を気にする必要がない点も魅力です。
また、完全個室のためセキュリティ対策も万全な点も個室コワーキングスペースを利用するメリットとして挙げられます。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ