世界で猛威を振るったウィルスが原因となって、世の中の働き方も大きく変わってきました。会社に出勤せずに自宅で働けるテレワークやリモートワークなどが広がった影響で、通勤の負担がなくなり仕事がはかどるという方も多いのでは。

在宅ワークと同じように使われているのがテレワーク。インターネットなどのICTを使うことで、本来勤務する場所から離れて仕事をするシステムをいいます。もちろん自宅でのお仕事も含まれるので、在宅ワークと同義ですね。

貸し事務所(貸事務所)・賃貸事務所・貸しオフィス(貸オフィス)・賃貸オフィス

貸し事務所(貸事務所)や賃貸事務所・貸しオフィス・賃貸オフィスと呼ばれる用語は、ほぼ同じ意味で使用されています。借り手となるテナントが貸主と賃貸契約を結び、賃貸した部屋を事務所として利用します。

この場合は基本的に部屋のみの賃貸となり、机・椅子・書庫などの備品や電気・通信などの設備はテナント側で購入や手配をしないといけません。賃貸面積の規模も大きめですし、多額の初期費用がかかります。

希望の事務所を探して借りることになれば、様々な書類の準備に備品の購入、更には内装工事など事業を開始するまで結構な時間がかかってしまい、その間のロスも検討しておかないといけませんね。

レンタルオフィス

レンタルオフィスは場所貸しのみの貸事務所に比べて、業務に必要な机・椅子・書庫などの備品が備え付けになっていて、執務空間&情報機器などが整ったオフィスになっています。
貸事務所よりも、コスト面でかなり抑えることができます。

レンタルオフィスの大きな特徴は、すぐにオフィスとして使用できる設備が整っているということです。ご自分のパソコンさえあれば、すぐに仕事が始められます。そして、接客・打ち合わせなどのスペースは共用になっていることです。印刷に必要な複合機なども設置されている場合がありますので、初期費用を大幅に抑えることが可能です。

ただし、使用される企業によっては向き・不向きもありますので、充分な検討が必要ですね。

知っておきたいレンタルオフィスと貸事務所の基本的な違い

レンタルオフィスと貸事務所の違いの主な事項として2つのポイントを説明します。

1. 場所貸しのみの貸事務所と、必要設備が整うレンタルオフィス

貸事務所の場合、事務所となるスペースを借りるだけなのですが、レンタルオフィスの場合は、スペースに加えて机やテーブルなどのオフィスに必要な設備が揃っています。備品の調達をしなくても、すぐに仕事がスタートできますね。


2. 利用開始まで約1ヶ月の貸事務所と、数日のレンタルオフィス

レンタルオフィスと貸事務所には、オフィスが使えるまでの時間にも違いがでてきます。貸事務所の場合は、先述の通り設備や備品の購入・設置などをしなければならないので2週間から1ヶ月くらいがかかってしまいます。その上、内装・外装を行うとなると、利用開始までには更に時間がかかってしまいます。それに対してレンタルオフィスの場合は、契約から使用開始までが数日で済むことも多いです。


新たな仕事の効率化を図る

・コワーキングスペース

コワーキングという言葉は、事務所スペース・会議室・打ち合わせスペースなどを共有しながら、独立した仕事を行う共働ワークスタイルをいいます。一般のオフィスとは違い、コワーキングを行う皆さんは同一の団体に雇われていないことが多いです。

コワーキングスペースのよって設備を共有すれば、経費削減や利便性を得ることも可能。また、共有スペースによって交流も生まれ、情報交換などの相乗効果も期待できますね。起業直後で少人数ならば、オフィスを構えず、コワーキングスペースを活用するのも良いかもしれません。

・シェアオフィス

シェアオフィスとは、複数の企業や個人が、働く環境を共有するオフィスのことです。近年では、PC一つでどこでも仕事のできるといった起業家やクリエーターが増加し、机だけを貸すというシェアオフィスが急増しています。

シェアオフィスでは、同じ空間内において様々な業種の人々が働いています。そのため、新しい人脈を広げられる場所でもあるんです。もちろん、OA機器などの仕事上に不可欠な機能も備わっています。ただ、オフィスによって利用できる機能やスペースが違いますので、自分にあったオフィスの選択が大切です。

・サテライトオフィス

サテライトオフィスとは、本社から離れたところに設置されたオフィスのことをいいます。企業本社・官公庁・団体の本庁舎・本部などから離れた位置に置かれたオフィスのことですね。

企業側がサテライトオフィスを置くのは、郊外や地方に本社がある場合に多いようです。通勤や得意先回りなどの負担や労力を考慮し、利便性の高い都心部にあるオフィスの方が、効率が良いからということが挙げられます。