SAKURA-W13

プラン・賃料

間取り図
間取り図

室名m2
坪数
利用人数家賃
OPENキャンペーン特別料金
空室情報詳細
C12.4㎡
(0.7)
1人契約済
C22.4㎡
(0.7)
1人契約済
C32.4㎡
(0.7)
1人契約済
C42.4㎡
(0.7)
1人契約済
C52.2㎡
(0.7)
1人契約済
C62.2㎡
(0.7)
1人契約済
A5.2㎡
(1.6)
1人契約済
B9.7㎡
(2.9)
3人契約済
C19.5㎡
(5.9)
7人契約済
D8.1㎡
(2.4)
3人契約済
E14.1㎡
(4.3)
6人契約済
F8.5㎡
(2.6)
3人契約済
G21.4㎡
(6.5)
7人契約済
H10.1㎡
(3.1)
4人契約済
I5.6㎡
(1.7)
2人契約済
K18.6㎡
(5.6)
7人契約済
J7.3㎡
(2.2)
2人契約済
L10.9㎡
(3.3)
4人¥52,0002021年11月下旬
入居可能
M13.9㎡
(4.2)
5人契約済
N8.3㎡
(2.5)
3人契約済
O10.8㎡
(3.3)
4人契約済
P14.7㎡
(4.5)
5人契約済
Q11.2㎡
(3.4)
4人契約済
R6.7㎡
(2.0)
2人契約済

※上記の料金はすべて税別となります。
※別途、共益費・水道光熱費が掛かります。

  • インターネット光回線無料
  • 電話新規契約の場合 : 基本料¥2,000/月+通話料(011から始まる番号を提供します。設置費¥10,000)
  • FAX追加番号: ¥1,000/月(011から始まる番号を提供します。設置費¥5,000)
  • 札幌中心部の格安会議室について(入居者限定)
  • コピー:モノクロ8円/枚・カラー30円/枚
  • プリンター:モノクロ8円/枚・カラー30円/枚
  • FAX 送信20円/枚
  • スキャナ利用無料
  • デスク・チェアセットレンタル1セット2,000円/月

※上記の料金はすべて税別となります。

SAKURA-W13の特徴

完全個室型 賃貸オフィスSAKURA-W13は完全に壁で区切られている完全個室の部屋のみをご提供しております。(通常の賃貸オフィスでは当たり前の事ですが・・・・)
間仕切り壁は遮音性を高めるため、壁内部にグラスウールを充填しボード2重貼りとする等、遮音性が必要なマンションと同等の壁仕様を採用しました。
様々なシーンに合わせて使える会議室が3室ありますので急な来客にも安心対応!

セキュリティ体制館内のセキュリティカメラはもちろん、SAKURA-W13は、専用のセキュリティカードで、エントランスドアと個室の他に、2ndエントランスドアの3重施錠となりますのでセキュリティ対策は万全です。

SAKURA-W13では宅配BOXを完備しています。オフィスに不在の場合でも荷物の受け取りが可能です。

夜間でもカードキーにより24時間入退室が可能です。夜8時以降の閉館時の入退室の履歴を管理しているのでセキュリティも万全です。

光回線を共有する事で無料でインターネットが出来る環境を実現しました。お部屋にあるLANケーブルの差込口にLANケーブルを接続するだけでインターネットが使用可能です。

航空機のCOCKPIT(コックピット)をコンセプトにデザインされた「SKY・CABIN」は全室デスクとチェアをあらかじめ用意。手の届く範囲で全ての機能をコントロールするビジネスというフライトを楽しむための快適な空間です。
一般のオフィスビルでは来客時の打ち合せスペースは入居者みずからが賃借したオフィス内に用意する必要があり、実際の執務スペース(1人当たり1坪)より広く借りる必要がありました。でもSAKURA-W13では、共有の打ち合せスペースを用意する事で、オフィスをコンパクトにしコスト削減にも効果を発揮します。
その他にも複合機、ネット回線、タッチパネルインターホン、カードセキュリティなどのハイグレードな設備を共有化し、無駄な資産を持たないことで資金面でスタートアップ企業を応援します。
SAKURA-W13は札幌のシンボルである大通公園の下に位置する札幌市営地下鉄東西線 西11丁目駅まで徒歩4分とまさに札幌市の中心部に立地します。西11丁目駅周辺は第2合同庁舎・第3合同庁舎・裁判所など官公庁が集中する地区であり、その関係で弁護士・司法書士事務所もよく見られます。
札幌の官公庁が集まる

専用オフィス空間に応接室が不要な為、
賃貸範囲をコンパクトにできる=「経済的」

お問い合わせはこちら

看板デザイン

全体をステンレスカラーで統一し、背面はステンレスヘアライン、文字と額縁は鏡面仕上げとしました。文字に内蔵したLEDが点灯し、SAKURA W13の文字を浮きだたせ、エントランスのアクセントに。

スカイキャビン

航空機のCOCKPIT(コックピット)をコンセプトにデザインされた「SKY・CABIN」は全室デスクとチェアをあらかじめ用意。手の届く範囲で全ての機能をコントロールするビジネスというフライトを楽しむための快適な空間です。
背中で座るという発想オフィスワークの長時間化。パソコンの普及。執務環境の変化とともに、座り方も変化しています。体を後ろにもたれさせて、リラックスした状態で仕事に取り組む。その時体を支えるのは「背中」です。人の体の中でも特に敏感な背中をいかに自然な感触で支えるか。その答えを美しいフォルムに盛り込んだのがレビーノチェア。体をドサリと預けても、フワリと受け止めてくれる。一度試せば、発想の違いが生み出す快適さにうなずいていただけることでしょう。
壁全面に設けられたデスクは、全長1.2m。しかも足もとは邪魔になるポストがないため好みのポジションで執務が可能。天板には配線を取り出しキャップを設置。また足元の配線コードが見えない様に配線レールを用意する等細部にわたり考えられた設計となっています。

コモンスペース

会議室
入居者であれば誰でも自由に利用できる会議室。閉鎖された空間のため、周りを気にする事なく、商談ができます。共有会議室を有効に活用することで、賃貸範囲に商談スペースを個別に確保する必要がなくなります。

お問い合わせはこちら

入居者インタビュー